文字サイズ

大山が2死満塁で三振…延長十二回で勝利はなくなる

延長12回ソフトバンク2死満塁、空振り三振に倒れる阪神・大山悠輔=ヤフオクドーム(撮影・北村雅宏)
1枚拡大

 「交流戦、ソフトバンク-阪神」(11日、ヤフオクドーム)

 阪神は2-2で迎えた延長十二回、2死満塁で大山が倒れ、勝利がなくなった。

 先頭の高山が中前打で出塁。俊足の植田が代走で起用された。続く北條が犠打で送り、1死二塁とした。

 ここで1番・近本に打順がまわるが死球を受ける。1死一、二塁で糸原は遊ゴロで2死一、三塁。糸井は四球で2死満塁となった。

 ここで大山は三振に倒れ無得点。延長戦は十二回までのため、阪神の勝利はなくなった。

 阪神・先発のメッセンジャーは9回を投げ4安打2失点。九回は2死までこぎつけたが、今宮に同点適時打を許し、白星を逃した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス