文字サイズ

広島との2位対決で2桁失点 西は8回3失点で4敗目 救援陣炎上

 「阪神2-10広島」(17日、甲子園球場)

 阪神が逆転負けで広島との“2位対決”を落とし、連勝は2でストップした。先発の西が8回6安打3失点で4敗目。序盤から好投を続けたが、1点リードの八回に3連打で2点を失った。九回には救援陣が7失点と炎上した。

 投手戦となった試合は四回、西が2死一、二塁から西川に中前適時打を浴び、先制を許した。それでも抜群の制球力を武器に、以降もリズムある投球で反撃を待つ。三回、五回には打席できっちりと犠打を決め、今季6犠打はチームトップ。攻守に懸命な姿を見せると、六回に野手が思いに応える。

 この回、先頭の糸原がフルカウントから四球で出塁。続く糸井は初球を引っ張って、一、二塁間を破る右前打でチャンスを広げた。大山は空振り三振に倒れたが、福留もフルカウントから四球を選び、1死満塁を作った。

 ここで打席に梅野。1ストライクから2球目、低めのスライダーをすくい上げ、左前適時打でついに同点とした。梅野は四回にも、2死一、二塁で右前打を放っていたが、右翼・鈴木の好返球で大山が本塁憤死。得点にならなかっただけに、待望のタイムリーとなった。

 さらに、続くマルテも1ボールから2球目、内角の直球を左前に運んだ。3試合連続安打&打点をマーク。ケガで出遅れた助っ人が、徐々にその力を発揮しつつある。一気に流れを引き寄せたかに見えたが、相手はリーグ3連覇中の王者。終盤に捕まった。

 八回、1死から代打・松山が四球を選んで出塁。続く野間の強烈な打球を一塁・マルテが捕球できず、強襲の内野安打で一、二塁とした。ここで続く菊池に左前適時打を浴び、同点とされた。さらにバティスタにも左前にも運ばれ、3連打で再逆転を許した。逆転負けは4月16日のヤクルト戦(松山)、同27日の中日戦(ナゴヤドーム)に次いで今季3度目。これは両リーグ最少だ。

 勝利目前から悪夢の逆転を食らい、九回には守屋らが打ち込まれ7失点を重ねる惨劇。18日の第2戦はメッセンジャーが先発予定。エースの力投で悪い流れを断ち切りたい。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス