文字サイズ

高橋遥、復活の3回0封 昨年6月以来の先発登板で力投

 「ウエスタン、ソフトバンク2-0阪神」(23日、タマホームスタジアム筑後)

 昨季6月10日・ロッテ戦(甲子園)以来の先発登板となった阪神・高橋遥が、3回3安打無失点と力投。三塁を踏ませない投球を披露し「ゼロで抑えられたことが収穫です」と表情を緩めた。

 初回、2死二塁と得点圏に走者を背負ったが、美間を内角138キロのツーシームで空振り三振に斬った。二回1死一塁から古沢を二ゴロ併殺打に打ちとったのもツーシームだった。

 投球を見守った平田2軍監督は「ペースも上がってきている」と評し、次回以降も先発として調整させる考えを明かした。「(今回は)ツーシームに助けられたので、次は真っすぐで抑えられるように」と背番号29は次戦を見据え、一つずつ課題を消化していく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス