文字サイズ

福留の3ラン、木浪の2点適時打でビッグイニング一挙7点

3回阪神1死一・二塁、西武・松本航(手前)から3ランを放つ阪神・福留孝介=甲子園(撮影・高部洋祐)
1枚拡大

 「オープン戦、阪神-西武」(17日、甲子園球場)

 甲子園でのオープン戦は、この日がラストゲーム。最後に今年の聖地初勝利を決めたい阪神が対するのは西武のドラ1ルーキー・松本航だ。

 初回、二回は無得点に終わったが、三回に新人右腕に襲いかかった。連続四球で無死一、二塁とすると、続く阪神のドラ1ルーキー・近本が三塁前でバント。快足を生かしてこれをヒットにし、無死満塁にチャンスを広げた。糸井がセンターへの大飛球を放ち、犠牲フライでまず1点。さらに大山が三遊間を破る左前適時打で1点を追加する。

 そして打席には1打席目で左中間への二塁打を放っている福留。139キロのストレートを完璧に捉えると、打った瞬間、それと分かる3ランホームランを右翼スタンドへたたき込んだ。これで5点をリード。

 さらにナバーロの左前安打、連続四球で一死満塁。打者が一巡し、高山の遊直で二死満塁となって、絶好調ルーキー・木浪が会心の当たりを右前に運び、2点適時打。この回、一挙7得点と大きくリードを広げた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス