文字サイズ

青柳 開幕ローテ確定 竜斬り5回1失点7K 矢野監督「完璧に近い」

 中日打線を相手に力投する青柳
 ベンチに引き揚げながら、マルテ(右)を笑顔で迎える青柳
2枚2枚

 「オープン戦、中日2-4阪神」(13日、ナゴヤドーム)

 崖っぷちの状況で、サバイバルに勝ち残った。先発の阪神・青柳晃洋が5回4安打1失点の好投。課題の制球難を露呈するどころか、無四球7奪三振の快投で、初の開幕ローテを手中に収めた。順当なら開幕2カード目、好相性を誇る巨人戦(東京ドーム)での先発が有力だ。

 初回、先頭の平田を外角スライダーで空振り三振に仕留めると、2死から大島もスライダーで空振り三振。中軸が並ぶ二回も三者凡退に料理。ストライクゾーンを内角、外角に2分割して「スライダー、ツーシームが有効に使えた」と右腕。直球待ちの打者にはスライダーで誘い、打者の反応を見て意図したアウトを積み重ねた。

 5回を投げ切り、失点は四回にアルモンテに許した詰まりながらの適時打のみ。4安打中3本が内野安打で痛打は無し。ほぼ完璧な内容だ。

 矢野監督も「完璧に近いんじゃないの。2桁勝てる」と大絶賛しながら開幕ローテ入りに当確ランプをともした。前日に藤浪が2軍降格し、才木や望月も2軍調整中。「悪ければ下(2軍)という意識はありました」と危機感を力に変えた。

 ただフィールディングにミスがあったことで「ピッチャーとして怠った部分がすごくあった」と次回への反省も忘れなかった青柳。競争を勝ち抜いた変則右腕のたくましい背中が、頼もしい。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス