文字サイズ

阪神ドラ3木浪、開幕スタメンへアピール継続 マルチ安打で打率4割超

1回阪神無死、右へ二塁打を放つ阪神・木浪聖也。右は一塁手の中日 ダヤン・ビシエド=ナゴヤドーム(撮影・田中太一)
1回阪神無死、右へ二塁打を放つ阪神・木浪聖也=ナゴヤドーム(撮影・田中太一)
4回、先制となる2ランを放った阪神・大山悠輔(3)を迎える阪神・木浪聖也(中央)=ナゴヤドーム(撮影・北村雅宏)
3枚3枚

 「オープン戦、中日-阪神」(13日、ナゴヤドーム)

 阪神のドラフト3位・木浪聖也内野手(24)が止まらない。この日も打っては2安打1打点。開幕スタメンへ、猛アピールは続く。

 この日は1番・遊撃でスタメン出場。見せ場は七回だ。1死から、途中出場の中谷が左前へと運び出塁すると、続く1番・木浪が続いた。初球の内角直球を狙い澄まして鋭いスイング。打球は右中間を真っ二つに割った。一気に一走・中谷が生還。適時二塁打を放った。

 初回の第1打席でも外角の直球をうまく拾い、左翼への二塁打へ。小柄な体から放つ長打が魅力の一つだ。これで打率は・462まで上昇。3試合連続で適時打を放つなど、勝負強さも際立っている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス