文字サイズ

藤浪、無期限での2軍行き決定 4回無安打も4四死球と大荒れ「自分にがっかり」

3回中日無死、中日・藤井淳志に四球を出し顔をしかめる阪神・藤浪晋太郎=ナゴヤドーム(撮影・田中太一)
3回、中日・亀沢恭平に死球を当て、帽子をとって謝る阪神・藤浪晋太郎=ナゴヤドーム(撮影・田中太一)
3回中日1死一、二塁、中日・京田の打球に飛びつく阪神・藤浪=ナゴヤドーム(撮影・立川洋一郎)
3枚3枚

 「オープン戦、中日4-5阪神」(12日、ナゴヤドーム)

 阪神の藤浪晋太郎投手(24)が、中日とのオープン戦に先発した。4回を投げて無安打1失点(自責0)。無安打ながら2暴投、4四死球と制球に苦しんだ。試合後には無期限での2軍行きが決定した。

 矢野監督は「開幕に間に合わせるとかではなく、何かをつかんで帰ってくることが、本人にもチームのためにもなる。『前向きに、何かをつかもうぜ』と本人には伝えた」と説明した。

 左打者9人を並べた中日打線に対して、初回、京田を投ゴロに抑えると、遠藤、大島はいずれもカットボールで空振り三振に仕留めた。従来より腕の位置を下げたスリークオーター気味の投球フォーム。二回は1死から高橋に四球を与えたが、続く井領を二ゴロ併殺に斬って取った。

 だが、三回。先頭の藤井に四球を与えると、1死後に亀沢に死球。さらに2死一、三塁から、遠藤の打球を一塁・マルテがファンブル。無安打で同点に追い付かれた。四回には1死から高橋に四球。一塁へのけん制悪送球後、暴投で三塁まで進まれたが、藤井を遊ゴロに抑えてピンチを切り抜けた。

 開幕まで2週間あまり。開幕ローテーション入りを懸け、「やっぱり結果。それに尽きると思う」と、気を引き締めて臨んだ一戦。だが、降板後は「全然でした。自分の中でいっぱいいっぱいになってしまって思った投球ができなかった。自分自身にがっかり」と、自らのふがいなさを嘆いていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス