文字サイズ

西 熱投!“投げ込み宣言”137球「第3クールまでに400球は超えたい」

 ブルペンで今キャンプ最多の投げ込みをした西
 ブルペンでボールをこねる西=かりゆしホテルズボールパーク宜野座
 ブルペンで投球練習する西=かりゆしホテルズボールパーク宜野座
3枚3枚

 「阪神春季キャンプ」(10日、宜野座)

 阪神の西勇輝投手(28)がブルペンで今キャンプ投手陣最多の137球を投じ、今後も球数を多投していく“投げ込み宣言”を行った。

 まさに熱投だった。1球1球、意図のある球がミットを鳴らしていく。打者を立たせる場面も交えながら、直球にスライダー。お次は真ん中にカーブ、そしてセットポジション、チェンジアップと多彩なバリエーションで腕を振り、最後は直球で締めた。内外角を丁寧に投げ分け「全部、計画通りにやっています」と西。さらに「指のマメが持てば、200球は行きたい」と次の段階に意気込んだ。

 投げ込むと手汗をかき、「中指のマメがむけやすい」傾向があるという。「きょうは足の皮がめくれたのでやめましたけど、第3クールまでに(合計)300~400球は超えたいので」とフォーム固めに余念はない。

 矢野監督は「よー投げとったね。どうやって練習をやっていくかとか、そういうのは任せてやっていけるピッチャーだなというのは感じている」と信頼を置く。西も「責任感はあるけど、計算して意識を持って新しいチームでもやっている」とうなずく。新天地でも自身の傾向を冷静に踏まえ、綿密なプラン通りに調整を続ける右腕が、頼もしいばかりだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス