文字サイズ

キャンプ初の紅白戦 中谷、坂本、長坂、木浪が本塁打 打線活発25安打

2回紅組2死二・三塁、阪神・矢野燿大監督(奥の右)が見守る中、左越えに3ランを放つ阪神・中谷将大=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・高部洋祐)
2枚

 「阪神紅白戦、紅組10-7白組」(7日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

 今年初の実戦は両チーム合わせて、4本塁打を含む25安打が飛び出す乱打戦となった。

 紅組は二回に望月から、打者10人で6安打を放って7点を奪った。遊撃を争う北條の先制2点適時打、4番に座った中谷の3ラン、正捕手を争う坂本の2ランが飛び出した。

 同点の六回には木浪が右翼席へ決勝の3ランを放った。

 白組も打線が活発だった。三回に浜地から、打者9人で6安打を放って5点を奪い返した。2死二塁から3番・糸原が適時打を放つと、大山、高山、梅野、島田と5者連続でタイムリーが飛び出した。2点を追う五回には、長坂が島本から左翼席へ同点2ランを放った。

 先発ローテ入りを狙う若手投手陣は、明暗が分かれた。紅組先発の才木は2回2安打無失点、白組2番手の馬場も2回2安打無失点だった。

 しかし、白組先発の望月は2回8安打7失点で、紅組の2番手・浜地も2回7安打5失点と乱れた。

 試合は6イニング制で行われた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス