文字サイズ

ドラ1近本、入寮せず妻と二人三脚 「一緒にしっかり考えて」鋼ボディーつくる

 新春の青空に向かって大きくジャンプする近本(撮影・北村雅宏)
1枚拡大

 内助の功で1軍定着だ。阪神ドラフト1位の近本光司外野手(24)=大阪ガス=が7日、西宮市内の大阪ガス今津総合グラウンドでの自主トレを公開し、虎風荘に入寮しないことを表明。プロで戦うケガをしない体作りを、アスリートフードマイスターの資格を持つ妻・未夢さん(24)と二人三脚で作り上げていく。

 やるしかない。そう心に決め、近本は慣れ親しんだグラウンドのフェンス際を走った。間もなく始まる新人合同自主トレ。プロとしてのスタートに余念は一切ない。

 「今年は一日一日が勝負になる。しっかり自分がやりたいことを意識して大切にしていきたい」

 これから歩んでいく勝負の世界。野球に専念するために入寮という選択肢も考えたが、家族会議で選択したのは、昨年3月に結婚した未夢さんと一緒に暮らすこと。「プロ野球に入れば自分が浮かれてしまう。妻には今まで通りに接してほしい」と、初心を忘れずに生活していくことを求めた。

 一緒に暮らせることは精神面だけでなく、食事面でもプラスとなる。「去年、資格を取っていました」。未夢さんはヤンキース・田中の妻であるタレントの里田まいと同じく、アスリートフードマイスターの資格を持つ。パフォーマンスを最大限に引き出すため、年齢や種目などに合わせて最適な食事プログラムを提供する知識を備えている。

 1年目の目標に「新人王」と「盗塁王」を見据える近本。この目標を達成するためにはレギュラー獲得が必須条件となってくるが、ケガをしない体を手に入れることも重要となってくる。「寮だったら栄養士の方がいると思うので、しっかりバランスよく作っていただいていると思う。寮に入らないとなれば、妻と一緒にしっかり考えていきたい」と二人三脚で歩んでいく考えを示した。

 強靱(きょうじん)な体を手に入れるため、1日4食のプランを組む方針。その一方で「甘党なので気を付けています」と好物を控えるなど、食事制限も徹底している。

 この日はキャッチボールやウエートトレーニングなどで汗を流した近本。鋼の肉体を作り上げ、1年目のシーズンに臨む。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス