文字サイズ

【阪神ドラフト選手紹介・木浪聖也(下)】高校時代に現中日・京田と守った三遊間

 高校時代の木浪(右)。左は同級生の中日・京田
1枚拡大

 今秋のドラフト会議で阪神から指名を受けた7選手(1~6位、育成1位)を紹介。今回はドラフト3位・木浪聖也内野手(24)=ホンダ=に迫る。

  ◇  ◇

 同級生の存在が人生を変えることは、野球界において多々ある。それが木浪の場合は、幸運だったと言えるだろう。中学3年で青森山田高の練習に参加した際、京田(現中日)と初めて顔を合わせた。「ショートで一緒にノックを受けました。うまかったですね」

 2学年上の正遊撃手がケガに見舞われ、京田がショートのレギュラーになった。同じポジションで競争を、と思うのが普通かもしれない。だが木浪は違った。父・弘二さんが実感を込めて振り返る。「守備はショートじゃないといけないわけじゃない。その時ショートにこだわっていたら、今の息子はなかった。それが今につながっている」。結果的に大学、社会人を経て、遊撃手としてプロ入りするのだから、人生は分からない。

 高3夏の県大会では正三塁手として甲子園を目指すが、厚い壁にはね返された。来季からチームメートになる北條を擁する光星学院(現八戸学院光星)に3回戦で延長十回の末、6-8で敗退。「悔しかったのは、今でも覚えている」。その悔しさを胸に亜大へと進学。1年春からリーグ戦に出場したが、4年生でケガをしてしまい不完全燃焼で終えた。

 具体的に「プロ」の2文字を意識したのはホンダに入って1年目。「結果が出るようになって意識し始めた」。社会人野球の名門だけに野球中心の生活は当たり前。もちろん他の会社の人よりも仕事に費やす時間は少ない。それだけに「会社あっての野球部。会社の人のことを思ってやっていた」と、会社のためにも勝つために必死に野球に取り組んだ。

 ただ2年目の今年、都市対抗野球で1回戦負け。「野球人生で一番悔しかった」。高校、大学、社会人と悔しさを味わってきた木浪。だがこれまで野球人生を糧とし、プロでは花を咲かせてみせる。

 余談になるが、木浪は青森県東津軽郡外ケ浜町(旧蟹田町)で生まれた。その旧蟹田町は、現中日の松坂大輔の母の出身地で、木浪と松坂は同じ「二神産婦人科」で産声を上げた。甲子園を湧かせた怪物との縁。その甲子園を本拠地とするチームに入団したことは、偶然ではないのかもしれない。

 小学生の頃から、父親に言われていた言葉がある。「プロ野球選手という目標はやめろ。プロに入って活躍する選手にならないと」-。木浪聖也のタテジマ人生が、いよいよ幕を開ける。

 ◆木浪 聖也(きなみ・せいや)1994年6月15日生まれ、24歳。青森県青森市出身。178センチ、80キロ。右投げ左打ち。3歳で父とキャッチボールを始め、篠田小で軟式野球部、小学6年生から硬式を始める。青森山田リトルシニア、青森山田高、亜大を経てホンダに入社。50メートルは6秒2、遠投は110メートル。家族構成は両親、兄、姉。二塁、三塁、遊撃をこなす大型内野手。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス