文字サイズ

矢野新監督、2度くじ引き外す「タイガースファンの思いを背負っている」

大阪桐蔭・藤原恭大をロッテ・井口資仁監督(右)に引かれ苦笑いを浮かべる阪神・矢野燿大(中)。左は楽天・石井一久GM=グランドプリンスホテル新高輪(撮影・棚橋慶太)
立命大・辰己を楽天・石井一久GM(左)に引かれ悔しがる(右から)ソフトバンク・工藤公康監督、巨人・原辰徳監督、阪神・矢野燿大監督=グランドプリンスホテル新高輪(撮影・棚橋慶太)
大阪桐蔭・藤原恭大をロッテ・井口監督(左)に引き当てられ苦笑いの阪神・矢野燿大監督(中央)=新高輪プリンスホテル(撮影・園田高夫)
3枚3枚

 「プロ野球ドラフト会議」(25日、グランドプリンスホテル新高輪)

 1位を公表せずにドラフトに臨んだ阪神は2度くじに外れ、3度目の入札で大阪ガス・近本光司外野手(左投左打)を単独指名し、交渉権を獲得した。“矢野新監督はくじ引きの“大仕事”を終えて、テレビ会見に臨んだ。以下は一問一答。

 -1巡目指名を終えて今の気持ちを。

 「自分が入団する時みたいに、ドキドキしながら時間が過ぎていきましたね」

 -他球団の動向をどう見ていた?

 「正直、自分の球団だけで目いっぱいというか、ここ指名したなというのはもちろん確認しましたけど、自分のチームのことを考えてました」

 -抽選は最初は右手で次は左手に。

 「はい、そうですね、1回外れたんでね、同じより何か変えてみようということで変えましたけど」

 -近本選手はどういう選手?

 「バッティングと足というのはね、今年よく2軍でも対戦しましたし、本当にプロに入っても素晴らしいパフォーマンスが出せる選手だというのは自分の目でも見てたので。うちのセンターラインに、そういうところには必要な選手だと思います」

 -現役選手に例えると誰に?

 「うーん、どうなんですかね。足は、赤星までいくか分からないですけど、赤星のような、体もバッティングも一回りちょっと大きくしたような、そんなイメージかなと思います」

 -1巡目指名を迷った中での決め手は?

 「総合的なところですけどね。先ほど言ったように、センターラインというところでは、そこの選手、今回はいい選手がたくさんいたので、うちもピッチャーはだいぶまとまりつつあるというか、そういう部分があったので。センターラインというところで悩む選手が多かったです」

 -この後の指名の見どころは?

 「タイガースファンの思いを背負っているので、僕も非常に緊張感ありますけど、タイガースファンの人が喜んでくれるような選手を指名できればいいと思います」

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス