文字サイズ

阪神、吉田輝星と面談 12球団一番乗り 葛西スカウトが金足農訪問

 金足農を訪れ、吉田と面会した葛西スカウト(撮影・堀内翔)
1枚拡大

 阪神が11日、プロ志望届を提出した金足農・吉田輝星投手(3年)と秋田市内の同校で、12球団で最初に面談した。吉田が進路表明会見を行ってから一夜明けたこの日、複数球団からドラフト1位候補に挙げられる高校生ナンバーワン投手といち早く顔を合わせた。

 今夏の甲子園で脚光を浴びた吉田に、同球場を本拠地とする阪神が、他のどこよりも早く“接触”した。プロ挑戦が正式に発表された翌日。午後3時45分に担当の葛西スカウトが金足農に足を運んだ。調査書を届けるとともに約15分間、中泉一豊監督(46)も同席のもと吉田本人との面談が実現した。

 10日に中泉監督が調査書の問い合わせについて「9球団ぐらいです」と明かした。その言葉を裏付けるように、この日は早速、午後1時にソフトバンク・作山スカウトが、同2時半にロッテ・井辺スカウトが次々と同校を訪れた。ただし、両球団は調査書を届けたのみで、吉田本人との面会はなかったという。

 阪神は、すでに谷本球団本部長が「1位候補になります」と認めているように、最速152キロ右腕を高く評価している。球団では担当スカウトが指名候補選手と面談することが通例。今回もその一環としての動きではあるが、誠意は十分に伝わったはずだ。

 25日のドラフト会議で阪神は、野手なら大阪桐蔭・根尾が1位指名の最有力候補となる一方で、先発型の即戦力投手の指名も検討している。高校生ながら完成度の高い吉田も補強ポイントに合致する存在。他球団の動向を見ながら“虎の恋人”を絞り込んでいく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス