文字サイズ

阪神2軍がリーグ最多チーム盗塁記録を更新 158盗塁

8回、ウエスタンリーグのシーズン最多盗塁記録となる157個目の盗塁を決めた森越(撮影・持木克友)
1枚拡大

 「ウエスタン、阪神4-3オリックス」(12日、鳴尾浜球場)

 阪神の2軍がウエスタン・リーグのチーム盗塁数の最多記録を更新した。

 11日の時点で156個だったチーム盗塁数。8月30日の同中日戦で、13年のソフトバンクがマークしたリーグ最多記録に並んだ後、足踏みが続いていたが、この日の八回、無死一、三塁の場面で途中出場の一塁走者、森越が二盗を決め、新記録に到達した。さらにこの回、高山も盗塁を決め、チーム盗塁数を158に伸ばした。

 試合後、矢野燿大2軍監督(49)は「最多盗塁を目指したわけじゃないけど、そうやって(数字として)出たというのは、個人の自信にしてもいいし、チーム全体の自信にしてもいいと思うから。俺ら側(首脳陣)も、うれしいし、残り試合も同じように戦っていければ」と、力を込めていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス