文字サイズ

才木、プロ最長タイ6回3失点で降板 阿部の一発に沈む

阪神先発の才木
1枚拡大

 「巨人-阪神」(8日、東京ドーム)

 先発した阪神・才木は、プロ最長タイの6回を投げて6安打3失点。初回、阿部に先制3ランを浴び、3点のビハインドでの降板となった。

 この回、悪夢は2死からだった。マギーに中前打、岡本に左中間を破られ、2死二、三塁のピンチを迎えた。2-2から5球目。外寄り高めに浮いた147キロを狙われた。右翼スタンドに飛び込む3ランで先制を許した。

 それでも二回以降、150キロを超える直球を軸に、堂々の真っ向勝負でスコアボードに0を並べた。追加点は許さなかった。東京ドームではプロ初の先発。球団の10代投手が巨人戦シーズン2勝となると、1967年の江夏豊以来、51年ぶりの快挙だったが、次戦以降にお預けとなった。

 味方打線の援護も得られず、3点のビハインドを背負って降板。4勝目はならなかった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス