文字サイズ

小野13日・日本ハム戦へ 交流戦3度目雨天中止でローテ再編

 試合前、ベンチから空模様をうかがう金本監督
1枚拡大

 阪神が11日、交流戦3度目の雨天中止を受けて、ローテーションを再編した。12日・日本ハム戦は、当初の予定通りメッセンジャーが先発。2戦目にこの日登板予定だった小野が回る。以降は秋山、藤浪、岩貞と続き、才木は17日・楽天戦に流れる見込みとなった。

 「困ります。優先順位を考えながら組みます」。香田投手コーチが顔をしかめた。雨天中止は今季8度目。小野は当初の9日・ロッテ戦に先発予定だったが、8日・同戦が雨天中止になり、岩貞がスライドしたことで、この日に回っていた。

 当然、2度の順延は初体験。2年目右腕は必死に前を向く。「仕方ないです。次、投げる試合でいい投球をしたい。心も体も準備していきます」。打線の援護に恵まれない中、12球団トップの防御率3・18を誇る投手陣。雨で流されても信頼、安定感は揺るがない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス