文字サイズ

阪神3連勝 岩貞が菅野に投げ勝つ 糸井が決勝弾

輝流ラインユニホームをまとい力投する阪神・岩貞祐太=甲子園(撮影・高部洋祐)
6回阪神無死、三塁打を放ち、塁上で雄たけびを上げる阪神・糸原健斗=甲子園(撮影・高部洋祐)
2枚2枚

 「阪神1-0巨人」(25日、甲子園球場)

 阪神は3連勝で勝率5割に復帰した。

 岩貞が7回6安打無失点の好投。菅野に投げ勝ち、3勝目を飾った。序盤は得点圏に走者を背負う苦しい投球だったが、粘り強く得点を許さなかった。八回は桑原、九回はドリスで逃げ切った。

 打線は四回まで菅野にパーフェクトに抑えられていたが、五回に糸井が右翼席へ8号ソロ。節目の通算150号本塁打が決勝弾となった。

 巨人は菅野が8回1失点も、打線の援護なく3敗目。チームは2連敗となった。

 糸井は「どうやって打ったか分からない。声援が後押ししてくれた。(150号)甲子園で打ちたいと思っていたが、達成できて良かった」とコメントした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス