文字サイズ

高橋遙が2勝目「しっかり攻めることができた」【一問一答】

ヒーローインタビューを終え、控えめにファンの声援に応える高橋遥=ナゴヤドーム
3枚

 「中日1-2阪神」(18日、ナゴヤドーム)

 阪神の先発、ドラフト2位の高橋遥人投手(亜大)が、自己最長の7回2/3を投げて5安打1失点で2勝目を挙げた。

 ヒーローインタビューは以下の通り。

 -どんな気持ちでマウンドへ上がった。

 「前回は負けてしまったので、きょうはしっかり勝ちに導けるようなピッチングができればいいな、と思って投げました」

 -ソロ本塁打で先制点を奪われたが、直球で真っ向勝負の投球もあった。

 「梅野さんがすごく引っ張ってくれて、守備の方もいい当たりを何球も捕ってくれたので、楽に投げさせてもらうことができました」

 -八回、ピンチで糸原がファインプレー。

 「ナイスプレーです」

 -その後もアルモンテに真っ向勝負を見せた。

 「あの場面はフォアボールでも仕方ないと思って。思い切り胸元をついてこいとベンチで梅野さんも言っていたので。結果はフォアボールになってしまったんですけど、自分の中ではしっかり攻めることができたので良かったと思います」

 -デビュー戦で勝ってから2試合勝てなかった。この勝利はどういう意味がある。

 「チームが勝てたことがうれしいです」

 -チームがいい流れをつかむ投球だった。

 「しっかり投げられたんで良かったです」

 -今後の抱負は。

 「勝てるピッチングができるように、毎試合投げることができればいい」

 -阪神ファンに一言。

 「遅くまでありがとうございました」

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス