文字サイズ

“5月無双”の上本が負傷交代 盗塁後に起き上がれず…担架で搬送

1回阪神無死一塁、阪神・上本博紀は盗塁を決めるも足を痛めグラウンドに倒れ込む=甲子園(撮影・山口登)
1回、二盗時に負傷した阪神・上本博紀は担架で運ばれる=甲子園(撮影・北村雅宏)
1回、二盗を決めたものの、痛がる阪神・上本博紀(中日遊撃手・京田陽太)=甲子園(撮影・北村雅宏)
3枚3枚

 「阪神-中日」(5日、甲子園球場)

 阪神の上本博紀内野手(31)が初回、左膝付近を痛めたようで、担架で運ばれて交代した。

 この回、先頭で打席に立つと、四球を選んで出塁。続く植田の打席で1-1から3球目にスタートを切った。勢いよく左足からベースに滑り込み、二盗を決めたが、直後にタイムを掛けてグラウンドに倒れ、立ち上がれなくなった。

 トレーナー、久慈守備走塁コーチらが駆け寄ったが、すぐに担架を要求。そのまま乗せられて退場した。上本は3試合連続猛打賞など、5月に入って絶好調だった。代わって大山が代走で登場した。

 上本はベンチ裏に下がると、無言のまま車イスに乗ってクラブハウスへ。検査のため、病院に向かったと見られる。昨年11月にも右足関節の鏡視下手術を受けていた。

 上本は5月に入ってから12打数9安打と大暴れしていた。1日のDeNA戦は本塁打を含む3打数3安打、3日のDeNA戦も3打数3安打。4日の中日戦は6打数3安打を記録していた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス