文字サイズ

阪神、接戦制し2連勝 メッセンジャー3勝目 中日は4連敗

力投するメッセンジャー=ナゴヤドーム(撮影・高部洋祐)
1枚拡大

 「中日3-4阪神」(18日、ナゴヤドーム)

 阪神が中日に競り勝ち、連勝を飾った。

 ハイライトは1点ビハインドで迎えた六回。ここまで散発3安打に抑えられていた中日の先発・柳に対して、先頭の糸井が右前打でチャンスメークした。続くロサリオは高めに浮いた直球を狙い打ち、センターオーバーの二塁打。無死二、三塁とした。

 ここで打席には5番・福留。1-1から3球目だった。ボテボテの一ゴロに倒れたかに思われたが、これを一塁・ビシエドが本塁へ悪送球。野選に失策が重なり、走者2人が生還。一気に逆転となった。

 さらに糸原が中前打でつなぎ、大山の捕邪飛を挟んで1死一、三塁。梅野が一塁側に絶妙なセーフティバントを決めた。1点を追加し、この回一挙4得点。試合を引っ繰り返した。ロサリオは初回に右前打、七回には中前打で、来日初の猛打賞を記録。15日のヤクルト戦でも2安打。2戦連続のマルチ安打で、打率も徐々に上昇してきた。

 投げてはエース・メッセンジャーが、初回に先制点を失いながら、6回4安打2失点(自責1)の粘投。リーグトップタイの3勝目を手にした。七回以降は岩崎、桑原とつなぎ、九回は守護神・ドリスが登板。きっちりと締めて、6セーブ目となった。

 19日の中日戦は松坂が先発予定。3連勝に向けて注目が集まる。

 中日は4連敗となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス