文字サイズ

大山、12試合ぶりの適時打で追加点「右に強い打球を打とうと心掛けた」

5回阪神無死二塁、阪神・大山は右前に適時打を放つ=甲子園(撮影・山口登)
1枚拡大

 「阪神-ヤクルト」(15日、甲子園球場)

 阪神の大山悠輔内野手(23)が、12試合ぶりの適時打を放った。

 1点を返された直後の五回だった。マウンドにはヤクルト2番手の中尾。先頭の糸原が中堅左への二塁打で出塁。続く7番・大山が高めに浮いた直球を右前へとはじき返した。

 大山は「ランナー二塁の場面だったので、右方向に強い打球を打とうと心がけて打席に入り、ストレートを上から叩くことができました。追加点が取れてよかったです」と振り返った。

 ヤクルト戦ではこれまで2試合快音はなく、打率も1割台まで落ち込んでいた。それでもチームトップとなる10打点目をマーク。適時打は3月31日の巨人戦(東京ドーム)以来で、今季2本目となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス