文字サイズ

金本監督が勝利にも怒り ミス連発に「これでよく勝てたな」

 5回の攻撃を終え、選手交代を告げる金本監督(撮影・北村雅宏)
3枚

 「阪神4-3広島」(10日、甲子園球場)

 逆転で貯金を1とし、首位に0・5ゲーム差と迫った阪神。だが金本知憲監督は試合後、ミス連発のゲーム展開に怒りをにじませた。

 初回無死一、二塁から糸井が放った右翼への大飛球で二塁走者・高山がタッチアップできなかった。指揮官が「もうそれは言うに値しません」と右翼・堂林が捕球体勢に入りながら、高山は素早く帰塁し、三塁を目指すのが通常のプレーだ。

 これで流れが重くなると、三回には重盗を試みた二塁走者・西岡が途中でストップし、ついて行った一塁走者・糸井が捕手からの一塁送球で憤死。五回には2死一塁からロサリオが放った右中間フェンス直撃の打球で本塁に生還できず「剛があそこで止まるなんて予測がつかないし。責められないですね。でもロサリオの当たりで糸井は返ってこないと」と指摘する。

 薮田から8四球をもらいながら、降板するまでに奪った得点はわずか1点。守りでも五回1死一、三塁から丸の二ゴロで西岡の送球がそれて、併殺崩れの間に3点目を奪われた。「ああいうところですから。それで1点ですからね」と指揮官。「逆に言えばこれでよく勝てたなと思うし、こういうプレーをしても勝てるんだと絶対に思わないことですね。そこだけですね」と勝ち試合にも厳しい言葉を並べた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス