文字サイズ

阪神 4点リードを守り切れず逆転負け

8回巨人2死一、二塁、岡本和真(右)に3ランを浴び、ぼう然と外野を見つめる阪神・藤川球児=東京ドーム(撮影・西岡正)
2枚

 「巨人8-4阪神」(31日、東京ドーム)

 阪神が最大4点リードから、痛恨の逆転負けを喫した。

 試合は阪神有利で進んだ。初回、糸井が巨人・先発の田口を攻略。2死走者なしの場面でカウント1-2から、変化球に少しタイミングを外されながら、ほとんど右手一本でスイングした。それでも打球は右翼席中段に飛び込む今季1号ソロ。幸先よく先制すると、三回にはロサリオ、福留、大山の3連続適時打で3点を追加した。

 先発は金本監督から「チームを背負え」と、開幕2戦目の大役を託された藤浪。三回に2点を失いながら粘りの投球を続けたが、六回だった。先頭の岡本にこの日3本目の安打を浴びると、そこから連続四球。無死満塁のピンチを招いた。

 代打・阿部が登場したところで、香田投手コーチがマウンドへ。ここで交代を告げられた。後を受けた岩崎が2点を奪われ同点となり、藤浪の勝ち投手の権利は消滅した。さらに七回には桑原が1死二塁から、小林に勝ち越しとなる中前適時打を浴び、今季初黒星。藤浪の突如の乱調から後手後手に回った。

 巨人は10年ぶりに復帰した上原が、1点リードの八回に登板。大歓声の中、大山、糸原、代打・高山を3人で抑え、激しくガッツポーズでチームを鼓舞。最年長のベテランが機運を高めた。直後の八回の攻撃では藤川が、岡本にダメ押し3ランを浴びて大勢が決した。

 開幕3連戦はこれで1勝1敗。4月1日の第3戦は昨季12勝のチーム勝ち頭、秋山がカード勝ち越しを狙い先発マウンドに上がる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス