文字サイズ

金本阪神 OP戦から開幕大サバイバル 指揮官大号令「いいものを出せよ」

 「阪神春季キャンプ」(22日、宜野座)

 阪神・金本知憲監督(49)が22日、24日のヤクルト戦(浦添)で幕開けするオープン戦での選手間のさらなる競争に期待を寄せた。先発ではメッセンジャー、秋山に加えて能見の開幕ローテを明言。野手では福留、鳥谷、糸井、ロサリオのレギュラーが固まっており、投打ともに開幕に向けた本格的なサバイバルが始まる。

 24日のヤクルト戦から始まるオープン戦で、投手陣も野手陣も本格的なサバイバルが幕開けとなる。この日、先発ローテについて問われた金本監督は、残り最大3枠という方向性を明かした。

 「3人は決まってますからね。メッセ、秋山、能見というのは。あとの3つ、もしくは(先発ローテが5人なら)2つ。見極めていかないといけないし」

 開幕ローテ当確の枠に、メッセンジャーと秋山に加えて能見の名前も並べた。その上で残りが3枠から2枠。そこを現在の1軍メンバーで言えば、岩田、岩貞、岩崎、藤浪、小野、ドラフト1位・馬場(仙台大)、才木らで争う形となってくる。

 残りの枠は、ローテが6人か5人かで変わってくる。金本監督は「6人みんながきっちり良かったら6人でいきますし、無理くり力のない選手を使うぐらいなら、中5というか、5人でいってもいいと思うし。理想は6人だけどね、リリーフも7人で」と話す。前出の投手らが持ち味を発揮してアピールすれば、6人制を敷く形で3枠を争う競争となる。

 野手に関しても、競争は激しいものとなる。昨年は福留と糸井のレギュラーが早々に固まっていた中、開幕ギリギリまで争いは続いた。今季は「ロサリオも入って、糸井、鳥谷、福留というのは…4つ決まってるしね」と話し、野手の残りは捕手を含めて4枠だ。

 「これで大山がドーンと落ちて糸原が良かったら、糸原のサードもありえるわけだから。大山と決めたわけではないから」

 この日は、今キャンプ初めて昼過ぎで練習を終えた。24日のヤクルト戦、25日の中日戦という2連戦を見据え「(23日の)休みと絡めて2連休みたいな感覚で。その代わり(試合で)いいものを出せよということです」と「半ドン」の狙いを明かす。万全の状態での熱い競争に期待を寄せた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス