文字サイズ

ロサリオ、意表突く三盗成功!バットも好調2点適時二塁打

1回、三盗を決める阪神 ウィリン・ロサリオ=宜野座(撮影・棚橋慶太)
1回阪神1死一、二塁、左中間へ先制タイムリー二塁打を放つ阪神・ロサリオ=宜野座(撮影・立川洋一郎)
2枚2枚

 「練習試合、阪神-韓国・KIA」(21日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

 「4番・DH」で出場したウィリン・ロサリオ内野手が初回、2点適時二塁打と意表を突く三盗で試合開始直後の4得点を導いた。

 1死一、二塁で迎えた第1打席。左腕・パット・ディーンに対してファウルで粘り、1ボール2ストライクから6球目だ。真ん中低めの143キロ直球をフルスイングした。低いライナー性の打球は、そのまま遊撃手の頭上を越え、左中間を深々と破った。一走の糸原も悠々と生還。先制の2点適時二塁打となった。

 さらに続く大山の打席で2球目。投手の警戒が薄いと判断し、すかさず三盗を試みた。三塁手のタッチをかいくぐる走塁で成功させると、続く大山の三遊間を破る適時打で3点目のホームを踏んだ。

 投手は明らかな動揺を見せ、中谷の左犠飛でさらに1点を追加。この回一気に4点を奪った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス