文字サイズ

ドラ1・馬場“斎藤雅樹になれる”破格ボディー 香田コーチ絶賛

キャッチボールする馬場 
1枚拡大

 阪神の新人合同自主トレが8日、兵庫県西宮市の甲子園室内練習場で始まった。ドラフト1位・馬場皐輔投手(22)=仙台大=は、キャッチボールやダッシュなどで軽快な動きを披露。視察した香田投手コーチからは、現役時代に沢村賞を3度受賞した巨人・斎藤雅樹総合投手コーチ級のポテンシャルを評価された。

 緊張感が漂う室内練習場で、馬場がプロとしてのスタートを切った。金本監督ら首脳陣が見守る中で迎えた新人合同自主トレ初日。期待の即戦力右腕は、ハツラツとした動きを披露した。

 「新たな気持ちでプロ生活がスタートし、すごく気合を入れてやりました。普段は緊張するのですが、楽しんで練習ができた」

 当初はグラウンドで行う予定だったが、降雨の影響で室内練習場へ変更。聖地での初練習はお預けとなったが、場所に関係なく存在感を発揮。キャッチボールで力強い球を披露すると、ドラフト5位・谷川、育成1位・石井と同組で行ったダッシュでは常に先頭で駆け抜けた。

 類いまれな俊敏性を持つ180センチ、90キロのドラ1右腕。見守った香田投手コーチは感嘆の声を上げた。「昔で言えば、ああいう大きな体で斎藤雅樹さんみたい。すごく身体能力も高く、すごく足も速かった。(馬場も)それだけ馬力がある」。往年の大投手と重ね合わせ、高い期待を寄せた。

 練習前には指揮官から助言を受けた。「金本監督からは『焦ってケガをするともったいない。自分のペースでしっかり基礎を作っていくように』と言われました」。自己管理の重要性を説かれ、プロとしての自覚も促された。

 馬場も自らの立場を十分に分かっている。「自分の中で焦っても何も変わらないと思っている。背伸びしないで、一つ一つ体を作って強化していければ、それなりに自分の中で自信もついてくる」と気持ちを高ぶらせた。

 1年目のシーズン。「優勝に1つでも貢献できるような投手になりたい」。高みを目指し、1歩ずつ階段を上がっていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス