文字サイズ

金本監督「1回だけ」星野氏に怒鳴られた過去 「ドキッとしました」

金本入団会見で笑顔の星野仙一監督=2002年11月22日
1枚拡大

 中日、阪神、楽天などで監督を歴任し、4日に急逝した星野仙一氏(享年70)を追悼するABC「虎バン 追悼特別番組 ありがとう星野仙一さん」が8日に放送された。VTR出演した阪神・金本知憲監督は「1回だけ」という怒鳴られたエピソードを明かし、恩師との早すぎる別れを惜しんだ。

 現役時代の金本監督は、星野監督の熱烈なラブコールで広島から阪神にFA移籍。ベテランだけに滅多に怒鳴られることはなかったというが「1回だけありました」と、その経験があることを明かした。

 金本監督の記憶によると、それはGW中の甲子園での横浜戦。「チャンスで打てず5タコ」に終わった試合後、初めて「しっかりしろっ!」と怒鳴られたという。さすがの金本監督も「ドキッとしました」と肝を冷やしたことを振り返った。

 星野氏のもとで中心打者として活躍し、03年のリーグVに大きく貢献した金本監督。現在は自身がチームを率いる身だが「勝利に対する執念とか、星野監督から教わったものが自然と出てくる」という。そして「これからもブレずに(星野監督から学んだことを)引き継いでやっていきたい」と“星野イズム”継承を誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス