文字サイズ

仙さんVゲキ!金本よ03年メンバーで新時代作れ「甲子園で阪神と楽天が日本Sを」

 楽天・星野仙一球団副会長(70)が1日、楽天対阪神の日本シリーズ実現を熱望した。この日、大阪市内のホテルで「星野仙一氏 野球殿堂入りを祝う会」が開かれ、阪神監督時代の2003年に18年ぶりのリーグ優勝を飾った阪神・金本知憲監督(49)らを前に、阪神新時代の構築を求めるなど、ゲキを飛ばした。

 懐かしい顔が並ぶ。03年のリーグ優勝を果たした選手として、金本監督が矢野2軍監督、片岡ヘッドコーチらと壇上に上がる。一つの歴史を作り、そして今なお、新たな栄冠をつかもうとする一人。来季の優勝を目指して戦う日々の中、この日は星野氏から壇上でゲキを飛ばされた。

 「このメンバーが軸になって、新しいタイガースを作ってほしい。もう2年ぐらい(優勝は)待ってください(笑)」

 最後は出席者に語りかけるように感情を込めたが、星野氏の金本阪神への期待は大きい。会の終了後には「強いタイガースをこの世代が作ってくれることが俺の夢だ。あと2年で優勝できる。それは若いやつが伸びてこないとな」とも話した。猶予は2年、とも取れるが、そのエールを受け止めて戦う。

 金本監督にとって一言一言が身に染みる大切な存在だ。02年オフ、広島から阪神にFA移籍した時の話を壇上でも披露。「何回もお断りしてたんですけど、来年のスローガンの執念、執念に負けたのが本音です(笑)」。星野監督から「電話攻勢」で口説かれ、そのおかげで阪神で2度のリーグ優勝を経験できた。

 「僕的にはキャリアハイの成績を残す原動力のもとというか、広い甲子園に来て余計、打撃が進歩したと思うし、自分を覚醒させてくれた人かなと」

 選手として成長できた阪神の日々。15年に阪神監督に就任し、1年目は4位で今年は2位。来季は勝負の3年目だ。FAで大和がDeNAに移籍したことは戦力ダウンだが「そこ(空いている二遊間)をどう勝ち取るかです」と現有戦力の底上げで乗り切る。狙うは優勝、その先に星野氏の夢が広がっている。

 会の最後、星野氏は「甲子園で阪神と楽天が日本シリーズをしてくれるのが本当に夢だ。生きてる間にやってほしい。楽天には頑張るように言っている。タイガースも頑張ってほしい」と声を上げた。阪神ファンのためであり、星野氏の悲願にもつながるリーグ優勝。恩人の思いも胸に、来季の優勝を目指す。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス