文字サイズ

ドラ3熊谷、ミスターに勇姿見せる 母校大先輩の前で伝統の一戦に

 主将として達成した華々しい栄光を前に阪神での活躍を誓う熊谷(撮影・金田祐二)
1枚拡大

 阪神からドラフト3位指名された熊谷敬宥内野手(21)=立大=が2日、埼玉県内の同校野球部寮で佐野統括スカウト、平塚スカウトらから指名あいさつを受けた。同校OBの長嶋茂雄氏の前でプレーすべく、まずはレギュラー争いへ名乗りを上げることを誓った。

 本拠地の甲子園は、かつて大声援を受けた思い出の球場だ。仙台育英時代の3年夏。1回戦で同年センバツ優勝の浦和学院と対戦。熊谷は同点の九回にサヨナラ二塁打を放った。その試合で勝利投手となったドラフト1位の馬場(仙台大)とは、4年の時を経て再びチームメートになる。

 「(予感は)全くなかったので、運命的なものは感じています」。熊谷が打って、馬場が抑える。プロの舞台でも近い将来に必ず再現してみせる。

 また、報道陣から長嶋茂雄氏の名前を聞かされると、熊谷は表情を引き締めた。終身名誉監督の長嶋氏は東京ドームの巨人戦は頻繁に観戦に訪れている。敵地での伝統の一戦で活躍することになれば、大先輩の目に留まる可能性は十分にある。

 「まずはスタメンで出られているかというところだと思うので、そのレベルになれるまでしっかりと練習したい」。自身のレベルアップを図り、虎のレギュラーを勝ち取る。その先に“ミスタープロ野球”との対面がある。21歳は控えめに、広がる未来へ思いをはせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス