文字サイズ

阪神 岩田が二回に6失点、マギーには強烈3ラン

2回巨人、巨人 ケーシー・マギー(左)に3ランを浴び肩を落とす阪神・岩田稔(中央)=甲子園(撮影・高部洋祐)
1枚拡大

 「阪神-巨人」(13日、甲子園球場)

 阪神先発の岩田稔投手が二回、マギーに一発を浴びるなど6失点。伝統の一戦で、巨人に重たすぎる先制点を許した。

 二回、まずは先頭の村田に内角の直球を中前へはじき返されると、その後1死を挟み、橋本には死球。1死一、二塁のピンチを背負った。ここで8番・小林と勝負。それでもカウント2-2からの5球目だった。139キロの直球を左前へ運ばれ、1点を失った。

 なおも続くピンチ。今度は投手・吉川光の打球を遊ゴロを、大和がまさかのファンブル。ボールをはじくような形で、追加点を奪われると、岩田も冷静さを失っていった。

 1番・陽には右前適時打を許し、3点目を奪われたところで香田投手コーチがマウンドへ。それでも勢いを止められなかった。2番・マギーには高めに浮いた、甘い直球をフルスイングで捉えられ、3ランを被弾。この回、打者一巡の猛攻を受け、一挙6失点。阪神にとっては、重たすぎる先制点を与えてしまった。

 岩田は今季巨人戦初登板で初先発。2014年7月21日以来の白星を狙っていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス