文字サイズ

藤浪が長野に被弾 打線は序盤で5点を援護

力投する阪神・藤浪晋太郎=甲子園(撮影・高部洋祐)
力投する阪神・藤浪晋太郎=甲子園(撮影・北村雅宏)
ロジンの粉を吹く阪神・藤浪晋太郎=甲子園(撮影・北村雅宏)
3枚3枚

 「阪神-巨人」(12日、甲子園球場)

 阪神先発の藤浪晋太郎投手が三回、先頭の巨人・長野に左翼席へ一発を浴びた。

 5点をリードした三回だった。長野に152キロの直球を振り抜かれた。打球は左翼席ギリギリに着弾。1点を失った。

 前回登板となった5日の広島戦でも松山に一発を浴びており、2試合連続の被弾となった。

 続く8番・小林にも左前へ運ばれ、その後犠打で1死二塁となったが、後続はピシャリと断ち切った。陽岱鋼を遊ゴロに抑えると、マギーは155キロの直球で見逃し三振に斬って取った。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス