文字サイズ

鳥谷2000安打!甲子園で達成は球団初「声援が後押ししてくれました」

2回阪神1死一塁、阪神・鳥谷敬は右越え適時二塁打で2000本安打を達成しボードを手にする=甲子園(撮影・山口登)
2回阪神、通算2000安打を放ち、阪神・福留孝介(右)から花束を受け取る阪神・鳥谷敬=甲子園(撮影・高部洋祐)
2回、阪神・金本知憲監督(左)は2000本安打を達成した阪神・鳥谷敬を祝福する=甲子園(撮影・山口登)
3枚3枚

 「阪神-DeNA」(8日、甲子園球場)

 阪神の鳥谷敬内野手(36)が二回、史上50人目となる通算2000安打を達成した。球団の生え抜き選手では藤田平(デイリースポーツ評論家)に次ぐ、2人目の快挙。14年目、1956試合、8206)打席目での達成となった。

 「打ったのはフォーク。いつもと変わらず次の打者に繋ぐ意識で打ちにいきました。打席に入った時の歓声が凄かったですね。ファンの方々の声援が後押ししてくれました」

 2点ビハインドで迎えたこの回、1死一塁から、相手先発の井納が投じた3球目をはじき返した。右中間を破る適時二塁打放ち、1点差に迫った。球団での達成者は山内一弘、藤田平、金本知憲、福留孝介(日米通算)に次ぐ5人目。本拠地達成は球団史上初となった。また、球界では今季、中日・荒木雅博、巨人・阿部慎之助に続く3人目の達成者となった。

 前日7日の広島戦(マツダ)で最終回、左前打を放ち、2000安打に王手をかけた。翌日の第一打席での達成。満員の甲子園球場が沸きに沸いた。早大の1学年後輩でDeNAの田中浩、阪神からは福留が花束を渡した。ヘルメットを取って観客の大歓声に応えた鳥谷。さらに坂本が2ランを放ち、この回逆転に成功。先輩の偉業を勝利で祝福しようと、後輩がバットで魅せた。

 プロ初出場は新人時代の2004年開幕戦、4月2日の巨人戦に「7番・遊撃」でスタメン出場した。同日の八回、前田幸長(野球評論家)から左前打を放ち、プロ初安打を記録していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス