文字サイズ

大山のラッキー適時打で勝ち越し、菊池と安部が“お見合い”

3回阪神1死三塁、バットを折りながらも右前に適時打を放つ大山=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
2枚

 「広島-阪神」(5日、マツダスタジアム)

 阪神の大山悠輔内野手がラッキーな勝ち越し適時打を放った。

 2-2の同点で迎えた三回。1死三塁で打席に立ったルーキー。詰まった打球が二塁前に転がったが、名手・菊池と一塁・安部が“お見合い”する形となり、右前へ転がっていった。

 三走が返り勝ち越し。一塁ベース上で大山も苦笑いをみせていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス