文字サイズ

金本監督、競り負けに苦言「もろさ、未熟さがある」

選手交代を告げる金本監督(撮影・北村雅宏)
3枚

 「阪神-中日」(3日、甲子園球場)

 阪神は中日に競り負けて、連勝が5でストップした。

 ゲレーロの2ランで中日に先制されながらも、五回に上本が左翼席へ7号ソロ。六回には福留の適時打で追いつく粘りを見せたものの、反撃もそこまでだった。日本ハムから移籍後、初登板初先発となったメンドーサは6回まで2失点と好投も七回に勝ち越し点を奪われた。

 金本監督は試合後、七回の勝ち越し点のきっかけとなった守りに苦言を呈した。1死から福田のゴロを二塁・上本がはじき(記録は安打)、その後、傷口を広げ、武山に2点適時打を浴びた。「体で(取りに)いかないと。負けられない試合、体で(ボールに)行かないと。同点の守りには見えない」と厳しい口調で話した。

 また、7回4失点で黒星を喫したメンドーサについては「4失点だったけど、内容的には1、2点の失点だった」と評価した。

 地元・甲子園での6連戦を5勝1敗で終えたが、「良い試合もあったし、きょうみたいな試合もあった。まだもろさ、チームの未熟さがある」と気を引き締めた。

 首位・広島との差は再び6・5に広がった。5日からの広島3連戦(マツダスタジアム)へ向け、「しっかり立て直していかないと」と、逆転Vへのラストチャンスへ気持ちを切り替えていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス