文字サイズ

上本が汚名返上のタイムリー 守備のミスをバットで取り返す

4回、中前適時打を放った上本
3枚

 「ヤクルト-阪神」(24日、神宮球場)

 阪神・上本が汚名返上のタイムリーを放ち、再びリードを3点に広げた。

 2点を返された直後、5-3の四回。ヒットと四球で二死一、二塁のチャンスを迎えた。上本はフルカウントからの7球目を中前に弾き返し、二走・北條が本塁に生還。チームとして初回から4イニング連続得点となった。

 「とにかくバットに当てて食らい付いていく気持ちだけです」

 初回には1死からセーフティーバントを決めて出塁し、先制点を演出。三回には無死二塁から犠打を決めて、中谷の3ランにつなげていた。しかし、守備では初回に自らの悪送球で1点を献上。上本にとっては、ミスを取り返す一打でもあった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス