文字サイズ

藤浪、菊池にも死球 この試合2度目で両チームにらみあい

4回広島2死、打者・広島・菊池涼介に死球を当てる阪神・藤浪晋太郎=京セラドーム大阪(撮影・田中太一)
3枚

 「阪神-広島」(16日、京セラドーム大阪)

 阪神の藤浪晋太郎投手が四回、広島・菊池に対して死球を与え、両軍がホームプレート付近でにらみ合う事態に発展した。

 二回に投手・大瀬良の左肩付近に死球を与えていた藤浪。四回2死から菊池を迎えたところでスライダーがすっぽ抜け、左肩付近を直撃してその場にうずくまった。

 慌てて広島ベンチからトレーナーらが飛び出し、その際に何らかの発言があったとみられ、両軍ベンチから首脳陣、選手が飛び出しホームプレート付近でにらみ合う展開に。審判が制止に入り、乱闘騒ぎになることはなかったが、京セラドームには不穏なムードが漂った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス