文字サイズ

糸井15日ウエスタン・オリ戦で実戦復帰 掛布監督明言3打席

 15日のウエスタン・オリックス戦で実戦復帰する糸井
1枚拡大

 右脇腹の筋挫傷で2軍調整中の阪神・糸井嘉男外野手(36)の実戦復帰日が11日、決まった。掛布2軍監督が15日のウエスタン・オリックス戦(鳴尾浜)での復帰を明言。右翼で先発出場し、早期1軍復帰に向けて3打席に立つ。

 この日は鳴尾浜で、打撃練習やキャッチボールなどを行い、充実の表情で汗を流した。10日から再開したばかりのフリー打撃では、53スイング中、安打性の当たりは31本。12本の柵越えを披露した。

 打ち始めは軽く振っていたが、途中からは力強いスイングで“らしさ”全開だった。豪快に右方向に一発をお見舞いすると、終盤には4連発。中堅後方のスタメンボードには3本が命中し、スタンドに駆けつけたファンからは「おおーっ」という声も上がった。

 室内練習場で糸井と言葉を交わした掛布2軍監督は「順調そうだよ。明日か明後日にシートノックで守らせる」との青写真を示した。

 片岡打撃コーチは「(2軍戦の出場試合数は)そんな何試合もいらないんじゃないか。試合の中でのハーフスイングとか、そういう時に脇腹へ圧力がかかるから、その辺の確認とかね」と話した。抹消から約3週間で出た実戦復帰へのGOサイン。超人がまた一歩前へと歩みを進めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス