文字サイズ

藤浪2軍戦で5回5安打2失点「いい感じで投げられている」

 「ウエスタン、阪神-中日」(4日、鳴尾浜球場)

 2軍調整中の阪神・藤浪晋太郎投手が先発し、5回5安打2失点(自責1)でマウンドを降りた。

 「いい感じで投げられているので、後は自分がどれだけ自信を持って投げることができるかだと思います」

 立ち上がりから制球が安定。変化球も巧みに操り、3者凡退でスタートを切った。二回は1死から5番・森野、6番・阿部に連打をくらい、一、二塁のピンチを招いた。ここでギアを上げて、7番・石岡を見逃し三振、8番・ウルヘエスを空振り三振に仕留めた。

 三回1死二塁から二塁手・荒木の適時失策で1点を失い、四回は先頭の4番・高橋に左越えソロを浴びた。五回にも三塁打と四球で2死一、三塁としたが、3番・井領をこの日7個目となる三振に斬って取り、ピンチを脱した。

 五回には9番の右打者・加藤の胸元付近を通過する抜け球も1球見られた。それでも藤浪は「抜け球や引っかかった球もありましたが、指にかかったボールも多かった」と納得の表情。酷暑の中。直球の最速は157キロを計測するなど威力ある真っすぐを投げ込んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス