文字サイズ

金本監督ド迫力の猛抗議 判定変わらずも…その後に原口V打

8回、阪神・糸原健斗の判定に抗議し阪神・金本知憲監督(左)は芦原塁審に詰め寄る=甲子園(撮影・山口登)
3枚

 「阪神2-1広島」(16日、甲子園球場)

 八回、際どい判定を巡って阪神・金本監督が抗議に出た。

 先頭・糸原の打球が二遊間に飛んだ。二塁・菊池が捕球後、素早く一塁へ送球。糸原は一塁へ頭から飛び込んだ。微妙なタイミングだったが、審判はアウトのコール。この判定に金本監督がベンチから飛び出すと、一塁・芦原審判に向かって歩み寄った。スタンドも大声援を送ったが、判定は覆らず。指揮官も渋々ベンチへ戻った。

 試合はその後、1死から高山が中前打で出塁した。糸井が捕邪飛に倒れるとすかさず二盗を決め、福留が四球で歩いて2死一、二塁。ここで原口が決勝打となる左前適時打を放ち、勝ち越し点を奪った。指揮官の気迫がナインに乗り移った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス