文字サイズ

阪神が3発で勝利 決勝弾の上本も「まさか…」 北條は初の1試合2本塁打

8回阪神無死、左越えに勝ち越しのソロを放つ阪神・上本博紀=甲子園(撮影・高部洋祐)
1枚拡大

 「阪神4-3巨人」(9日、甲子園球場)

 阪神が3本塁打で接戦を制し、勝率を5割とした。

 二回、北條の1号中越えソロで先制。七回に3点を奪われ、逆転されたものの、2点を追うその裏、1死から鳥谷が右前打で出塁。続く北條がこの試合2発目となる2ランを左翼ポール際へ運んで同点とした。

 さらに同点で迎えた八回、「とりあえず塁に出ようと思った」と先頭で打席に入った上本。左越えに勝ち越しの決勝ソロを放った。

 巨人は六回まで阪神先発・能見の前に1安打無得点と苦しんだ。しかし七回、先頭の立岡が右前打で出塁し、能見のボークで二進。坂本勇の二塁内野安打で無死一、三塁と好機を広げると、阿部が低め変化球にうまく合わせる技ありの右前同点打を放ち、能見をKOした。

 阪神2番手・桑原に対して、マギー、長野は連続三振に倒れたが、2死一、二塁から代打・亀井が右越えに2点二塁打を放って勝ち越した。しかし巨人の得点はこの回の3点のみだった。

 阪神は九回にドリスを投入。走者を背負いながらも無失点に抑え、1点リードを守り切った。

 北條とともに試合後のお立ち台に上がった上本は「まさかという感じで自分でもびっくりしています」と決勝弾を振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス