文字サイズ

北條、女子レスリング・土性の金メダルに刺激 再会まで1軍に

東京へ出発する北條=鳴尾浜(撮影・田中太一)
2枚

 阪神・北條史也内野手(22)が18日、リオ五輪レスリング女子69キロ級で金メダルを獲得した土性沙羅(21)に刺激を受けた。2人は同級生で、虎党の土性は北條のファン。7月20日に甲子園を訪れ練習を見学した土性は、その時に撮った2ショット写真などを自身のツイッターに載せていた。

 「覚えています。リストバンドをプレゼントしました。自分のファンであること?知らなかったです」と北條。前夜は広島戦後に準決勝までテレビ観戦。ルールは知らなかったが、実況を聞きながら理解していったという。

 帰国後は土性があらためて甲子園に来場する可能性もあり、「その時まで、自分が(1軍に)いられるよう頑張ります」と気合十分。19日からは巨人3連戦。今季同カードは打率・114とセ5球団でワースト。東京ドームでも同・125だが「問題ないです」と頼もしい。胸を張って金メダリストを迎えられるよう、まずは苦手Gからフォールを奪う。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス