文字サイズ

金本監督大号令「試練」乗り越えろ 阪神は敵地で昨季王者と開幕戦

 笑顔を見せる金本監督(撮影・吉澤敬太)
1枚拡大

 阪神は広島との開幕戦を翌日に控えた30日、マツダスタジアムでナイター練習を行った。金本知憲監督(48)は、いきなり敵地で昨季のリーグ王者と戦うことを「試練」と位置付けた上で、選手にはそれを乗り越えるための奮起を期待した。4位に終わった昨季から、チーム力の底上げを図って挑む2年目の戦いが、いよいよ幕を開ける。

 肌寒さからユニホームの上にジャンパーを羽織っても、気持ちは燃えていた。壁に立ち向かい、乗り越えてこその猛虎だ。どんな時でも、ひるむことなく挑み続ける1年。金本監督の揺るぎない決意がそこにある。

 「いきなりアウェーで優勝チームと当たるというのがね、いきなり試練ですけど、何とかそこを打ち勝っていきたいと思います」

 昨年、7勝18敗と大きく負け越した相手であり、開幕戦という独特の雰囲気に加え、スタンドは真っ赤に染まる。広島ファンの大歓声が渦巻く空間が待ち受ける。「試練」という言葉を使ったのもそのため。若手にとっては慣れない環境かもしれないが、恐れることなく前に出てほしい。

 「試練と言うとオーバーなんだけど(笑)若いんだから、怖いもの知らずで行っていいと思いますよ。どこの球場だって、どこが相手でも一緒だという感覚でいると思うよ。俺もそうだったし」

 昨年は積極的に若手を起用。そこからオフやキャンプを経て、確かな成長を感じ取れたが、若い力だけでは勝ち切れない。そこに、中堅、ベテランの力をうまくかみ合わせる。「必要な人材を結果重視も入れながら選んだ、現時点の最高のメンバーがそろいました」。選手への信頼は厚い。

 「結局、彼ら(主力)が引っ張っていくわけですから。ピッチャーで言えばメッセ、藤浪、球児(藤川)とか能見とか。そこら辺がしっかりしてこその若手だから。野手で言えば3人、糸井、孝介(福留)、トリ(鳥谷)。そこら辺がしっかりして引っ張ってもらわないと去年みたいになる」

 自身の生まれ故郷から幕開けとなるシーズン。昨年以上に熱い1年にしたい。

 「(開幕の試練をはね返せれば)チーム全体として、自信を付けるんじゃないかなと思います。もし、負け越すことがあっても、悲観することはないと思うし。シーズン長いんでね」

 チーム状況がいい時もあれば悪い時もある。とはいえ、やる以上は勝ちにこだわる。「そうは言っても結果ですから。やっぱり勝ちたいですよね」。貪欲に勝利だけを狙う。強く生まれ変わる2年目にしたい。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス