文字サイズ

原口が1号3ラン、高山は3号2ラン

9回、左越えに3ランを放つ原口
9回、3ランを放った原口は江越(25)とタッチを交わす
8回、右越えに2ランを放つ高山
3枚3枚

 「オープン戦、中日4-8阪神」(17日、ナゴヤドーム)

 阪神は開幕投手の最有力候補・メッセンジャーが、6回を6安打3失点。序盤は要所を締める投球だったが、スタミナが切れかけた中盤以降は勝負球が甘くなったところを痛打されるなど、開幕までに課題を残した。

 2番手・岩崎は先頭打者への四球から失点するなど、本調子には今ひとつ。

 打線では八回1死一塁から、高山が左腕・アラウホから右越えに3号2ラン。北條も三回に左翼フェンス直撃の二塁打、五回にも左前打と好調をキープ。

 3-4で迎えた九回は中日の2年目右腕・佐藤を攻め、1死満塁から中谷が左翼フェンス直撃の2点二塁打を放ち逆転。続く原口は左越えにオープン戦1号3ランをたたき込み、一気に5点を奪った。

 中日は先発・山井が6回3安打無失点。ドラフト2位新人の京田が五回に先制の右線2点二塁打を放った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス