文字サイズ

小野 開幕ローテラストチャンスに挑む 侍ジャパンの活躍を力に変える

先発ローテ入りへ向けて調整する小野 
1枚拡大

 阪神ドラフト2位の小野泰己投手(22)=富士大=が13日、甲子園での投手指名練習に参加し、先発する14日のオリックス戦(京セラ)に備えた。前日はテレビでWBC2次リーグの日本-オランダ戦を観戦。一流投手の直球で押すスタイルを発奮材料に、開幕ローテ入りへ“ラストチャンス”のマウンドに上がる。

 メジャーでも名をはせる強打者に、自信のあるストレートで立ち向かっていった日の丸戦士。絶対に勝たなければならない緊迫した状況で躍動する一流投手の姿に、小野の心は動かされた。

 「ピンチの場面で直球勝負だったり、自信のある球を投げていた。自分もそういう投手になりたい」と目を輝かせた右腕。特に印象に残った投手は則本。1点リードの九回に同点に追いつかれたが、一打サヨナラの場面でも直球で押しまくるスタイルに引かれた。

 宜野座キャンプの段階から、直球の球威、キレを金本監督らから高く評価されていた。しかし、前回5日の広島戦では持ち味のストレートがシュート回転し、3回4失点と崩れた。

 その原因となったのが左肩の開き。キャンプからの疲労に加え、初めての甲子園で自然と力も入った。約1週間、じっくりと課題を修正し「ブルペンにも2回入りましたし、直球でファウルを打たせてカウントを稼ぐのが理想。前回はそれができなかったので」と14日の登板へ意気込む。

 メッセンジャー、岩貞、藤浪、能見、秋山。現状で開幕ローテはほぼ固まりつつあり、オープン戦残り5試合となる22日のソフトバンク戦以降は、主力投手による最終調整の場になる予定。青柳、岩田らと開幕ローテの最後の1枠を狙う小野にとっては、日程的にもオリックス戦が“最後”のアピールの舞台だ。

 「すべてが初めての経験なので重圧とかはないですけど、結果を出せるように。目の前の試合に集中したい」と力を込めた小野。この日はキャッチボール、短距離ダッシュなどで汗を流した。強烈なスイングを繰り出す相手に、敢然と立ち向かった侍ジャパンのように-。小野が最も自信のあるストレートで、激しい生存競争を勝ち抜く。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス