文字サイズ

開幕ローテ巡り…岩田と秋山で明暗 ドラ5糸原は猛アピール

1回紅組1死、左前打を放つ阪神・糸原健斗=宜野座(撮影・棚橋慶太)
紅白戦で先発し、2回無安打無失点に抑えた阪神紅組・秋山拓巳=宜野座(撮影・北村雅宏)
紅白戦で先発し、2回無安打無失点に抑えた阪神紅組・秋山拓巳=宜野座(撮影・北村雅宏)
3枚3枚

 「阪神紅白戦、紅組5-0白組」(11日、宜野座村営野球場)

 開幕ローテの座を争う先発2投手の明暗が分かれた。白組の先発・岩田稔投手は、2回を投げて8安打5失点。一方、紅組の先発・秋山拓巳投手は、同じく2回を投げて無安打無失点と完璧な投球を見せた。

 昨季未勝利に終わり、今季に復活をかける岩田。不運な打球にも泣かされたが、この日は首脳陣の期待に応えられなかった。対する秋山は、無四球と制球も安定しており、ローテの座を争うライバルとの“直接対決”に快勝する形となった。

 昨季10勝とブレークした岩貞祐太投手は、紅組2番手として実戦初登板。こちらは2回を1安打無失点と開幕ローテ死守に向けて、上々の滑り出しとなった。

 岩田&秋山と同様に、ルーキー野手の2選手も明暗がクッキリ。紅組の「2番・遊撃」で出場したドラフト5位・糸原健斗内野手(JX-ENEOS)が、岩田からの中前適時打を放つなど4打数2安打1打点の活躍。開幕1軍に向けて大きくアピールした一方で、白組の「5番・三塁」を任された同1位・大山悠輔内野手(白鴎大)は2打席連続見逃し三振と精彩を欠いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス