文字サイズ

金本監督もう決断!大山1軍C帯同へ 期待ドラ1に捕手以外全部やらせる

 ノックをする金本監督(撮影・飯室逸平)
2枚

 阪神・金本知憲監督(48)が21日、ドラフト1位・大山悠輔内野手(21)=白鴎大=を来春の沖縄キャンプに帯同させる方向であることが分かった。また、現時点では起用するポジションを決めておらず、捕手以外の全てで起用の可能性がある。そのため、全選手にとっての競争相手でもあり、大山一人の存在でチーム内の競争が一気に激化する形だ。

 1位指名した将来の大砲候補だから、当然と言えば当然のこと。それでも、ドラフト直後の現段階で、早くも沖縄行きのチケットを準備する構えだ。大山は1軍キャンプスタートかと問われ、金本監督は「うん、うん」と小さくうなずいた。それだけ期待をかける選手だからこそ、強烈な刺激にもなりえる。

 「(大山の存在は若虎の発奮材料かと問われ)いや、発奮材料とかというレベルではなく、死活問題になってくるからね。(選手に)感じてもらわんとと言うか、感じてると思うし。普通はやばいと思うよね。なんで(1位で)ピッチャーいかないんだ、って」

 生き残れるか、脱落していくのか。浮き沈みの激しい世界。早くも1軍キャンプが「内定」するようなルーキーは、競争相手からすればあまりに大きな存在となる。しかも金本監督はまだ、大山のポジションを一つに決めていないという。

 「外野もできるしファースト、サード、セカンド、どこでもできるから。みんな、来るな来るなと思ってるんじゃない」と指揮官。だからこそ「(全員がライバルかと問われ)だろうね。そうなるわな」という状況であり、そこは金本流の育成方針ともリンクする。

 大山はまず三塁かという問いに「分からない。難しいところからやらしていきたい」と答えた。簡単、ではなく難しいポジションからのスタート。だから「できるだけ二遊間を試して。次にサード。次に外野」となる。可能性で言えば、捕手以外の全ポジション。これは大山だけに課す方針ではなく、チームとしての形でもある。

 「今年の一つの方針として、すぐ簡単なポジションに逃がさない。すぐに外野とか、すぐショートからセカンドとか、ファーストとか。とりあえず難しいところをやらせて、限界だなと思ったらちょっとずつ持っていく、下げていくというか」

 首脳陣の方から、可能性を狭めることはしない。実際に守備面では、スローイングの評価が高く「スローイングはすごく自信持ってるみたいで。ほとんど公式戦で悪送球投げたことないみたいで」と話す。仮に二遊間を守れれば、チームにとって大きな武器となる。

 「小久保(侍ジャパン監督)もセカンドだったし。小久保とか井口(ロッテ)とか。30発以上打ってるセカンドもいたわけだし。山田(ヤクルト)がそうであるようにね」

 膨らむ夢。ただ、同時に、そこに対する燃えるような反発力も欲しい。生きるか死ぬか。その競争がチームの新たな力となる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス