文字サイズ

阪神が4連勝 岩貞が9勝目 上本が決勝打

力投する阪神・岩貞
5回、走者一掃の適時二塁打を放つ上本
7回途中、中継ぎでの登板に向け、ベンチから駆け出す阪神・能見篤史=ナゴヤドーム(撮影・北村雅宏)
3枚3枚

 「中日1-4阪神」(25日、ナゴヤドーム)

 阪神が連勝を4に伸ばした。先発の岩貞が6回2安打無失点の好投で9勝目(9敗)を挙げた。

 岩貞は4四球と制球を乱す場面もあったが、直球に球威があり7三振を奪った。七回途中には能見が2年ぶりとなるリリーフ登板で、1/3回を1安打無失点だった。

 打線は五回、2死満塁から上本が左中間へ走者一掃の二塁打を放ち先制。七回は福留の中前適時打で1点を追加した。

 中日は4連敗。先発のドラフト1位・小笠原(東海大相模)は5回3失点で6敗目(2勝)を喫した。打線は七回、堂上の6号ソロによる1点に封じられた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス