文字サイズ

北條“鳥谷の聖域”守り切った!初ショートで守備機会4度きっちり

 7回、西浦の放ったゴロを処理し、一塁へ送球する北條(撮影・北村雅宏)
1枚拡大

 「阪神9-0ヤクルト」(27日、甲子園球場)

 つい最近まで阪神の“聖域”だったポジションは特別だった。1軍では初めて経験するショート。守備機会は4度だけだったが、超満員の大観衆の中、北條史也内野手は試合開始から終了まで守り切った。

 最初の守備機会は五回だった。ジェフンの飛球を難なくキャッチ。その後、六、七回とそれぞれ一つずつゴロを処理し、九回は1死一塁から井野のゴロを軽快にさばいて併殺に。「難しい打球は飛んでこなかったので」と振り返りつつ、「能見さんがよかったので緊張した」と頬を緩めた。

 今季1軍で入った守備位置は二塁と三塁。ショートは2軍で守ったが、1軍の舞台は違った。さすがに緊張を隠せなかった北條。そんな若虎に「大丈夫、大丈夫」と声を掛ける先輩がいた。鳥谷だった。スタメンから外れ、ベンチスタートの主将の激励。これで北條も我に返り、「気楽に行こう」と自らに言い聞かせ、試合に臨んだ。

 「大和と迷ったんですけど、思いきってね。初ですかね。ドキドキしていましたけど、一応、無難にやってくれました」と金本監督。打者としても1安打の北條は「全然(1軍の)経験ないので、若いですし、思いきってやるしかない」と言い切った。まだまだ鳥谷の背中は遠い。だが大先輩を乗り越えた先に、スターへの道が待っている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス