文字サイズ

阪神、甲子園での連敗を7でストップ V打のゴメス「久しぶりで気持ちよかった」

お立ち台でガッツポーズをする阪神・藤川とゴメス=甲子園
阪神・藤川らと勝利のハイタッチをかわす阪神・金本監督=甲子園
ヤクルトに勝利し、ショート先発の阪神・大和(右)とタッチを交わす阪神・鳥谷 敬=甲子園(撮影・高部洋祐)
3枚3枚

 「阪神5-3ヤクルト」(26日・甲子園球場)

 阪神がヤクルトに競り勝ち、2連勝。甲子園球場での連敗を「7」で止めた。

 3ー3で迎えた八回1死から原口が左前打で出塁。続く、ゴメスがヤクルトの2番手・ルーキから中堅左に突き刺す、15号2ラン。7日の巨人戦以来、12試合ぶりの一発は決勝点となった。2番手の藤川が4勝目。ドリスが8セーブ目を挙げた。

 阪神の先発・岩貞が初回、山田に30号3ランを浴びたが、四回にゴメスの4戦連続安打となる適時打や新井良の適時打などで一挙、3点を奪い、試合を振り出しに戻した。

 ゴメスはヒーローインタビューで「しっかりと強く打てたと思うけど、甲子園は広いので入るかどうか分からなかった。でも、強くたたこうと思っていた」と決勝弾を振り返った。

 甲子園のファンから大歓声を浴びると、「甲子園で(本塁打を)打つのは久しぶりなので、気持ち良かった。まだ調子は良くないけれど、ベストを尽くしていきたい。まだまだチャンスがあるのでしっかりとプレーしていきたい」と笑顔を見せていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス