文字サイズ

能見崩れた…激走影響?5回もたず降板

 5回に途中降板し、ベンチへ下がる能見(撮影・棚橋慶太)
1枚拡大

 「広島4-2阪神」(26日、マツダ)

 快調に飛ばしていた阪神・能見がアクシデントに見舞われた。0-0の三回、先頭打者として三塁失策で出塁。1死後、大和の一塁手頭上を越す高いバウンドの安打で、迷わず二塁を蹴り、三塁を狙った。だが、右翼手・鈴木誠のレーザービームでチャンスは幻と消えた。ベース手前でスライディングも一歩及ばずアウト。伸ばした左足をベースに打ち付け、ここから試合の流れが暗転した。

 大黒柱の責任を背負い三回のマウンドに上がったが、裏目に出た。1死から石原に浮いたスライダーを左翼席に運ばれ、先制点を献上。続く四回は四球と安打でピンチを招き、田中に中前適時打を浴びた。五回も立て直せず、3点目を失ったところで降板となった。

 「まあまあ。走っていたから」

 試合後、走塁の影響について能見は多くを語らなかった。中西投手コーチも「足をひねっていたら、いかせてないやろう」と説明。しかし、投球の異変は明らかで、和田監督が詳細を明かした。

 「そこからちょっと内容が良くなかった。多少、影響があったかもしれないな。左足を気にしていた。(本人は)つりかけたと言っていた。三回以降、球が高くなった」

 試合前まで今季4勝1敗の広島キラーが、まさかのKOだ。4回1/3を6安打3失点で11敗目。2年ぶり2桁勝利もお預けとなった。ただ二回まではパーフェクト。能見も「一、二回を見たら分かるように普通。走者を出してから粘れなかった。四球が多かった」と冷静に敗因を分析した。

 シーズン残り29試合中、広島戦は10試合。能見は次回の9月1日・広島戦を含めて3試合に登板する見込みだ。左腕の鯉斬りが優勝のカギを握る。コンディションを整えて甲子園でリベンジしたい。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス